ドメインを取得してホームページに紐付けが出来ます、独自アドレスでアクセス

独自ドメインを取得すればアドレスの変更に悩まされない

ホームページを運営していて、そのページのアドレスを名刺などに印刷して配布しているという場合に困るのは、ホームページを移転する場合です。たとえば、プロバイダと契約したときについてきたサーバーでサイトを運営していたけど、プロバイダを変更することになったので、そのサーバーが使えなくなったという場合は確実にアドレスが変わります。というのは、プロバイダが提供しているサーバーのアドレスは、すべてプロバイダが所有しているものだからです。
こういった事態を防ぐためにもっともいい方法は、レンタルサーバーを借りて、独自ドメインを取得し、そのドメインでアクセスするとホームページが表示されるように設定するというものです。

サーバーとドメインの紐付けはDNSサーバーの設定が重要

では、レンタルサーバーとドメインを関連づけるためにはどうすればいいのでしょうか。最初にやるべきことはDNSサーバーの設定です。独自ドメインの販売を行っている会社は、必ずユーザーに対してDNSサーバーを提供しています。この設定で、レンタルサーバーのIPドメインを入力する、あるいはレンタルサーバーが提供しているDNSサーバーのアドレスを入力することによって、レンタルサーバーとドメインを結びつけることができるのです。
ただ、これだけでは不完全で、必ずレンタルサーバーの管理画面で、取得したドメインをこのサーバー上で使います、という設定を行わなければいけません。これが完了すれば独自ドメインでサーバー上に構築したホームページにアクセスすることができます。

HP作成は難しい部分がありますが、本格的に作りたいときは業者や個人に依頼することも可能です。今はHPでお金を稼ぐ人も増えてきています。